『生物の科学 遺伝』2020年9月発行号試読用動画

ページの再読み込みをするとページめくりが始まります。

『生物の科学 遺伝』2020年9月号は,特集I「イチョウの世界」と特集II「植物の生き残り戦略」の2本立てです。「イチョウの世界」では,日本,アメリカ,中国のイチョウ研究者による最新の遺伝学的な解明を紹介します。グラビアは3部構成。日本全国約20ヵ所のイチョウの名所,第二次世界大戦末期に3度にわたる東京空襲で焼け残った戦災イチョウ,そして世界で初めてイチョウの雌雄が解明された東京大学小石川植物園の精子発見のイチョウを全26ページで紹介します。「植物の生き残り戦略」では,移動できない植物がどのように環境に適応して繁栄したかについて,日本の研究陣が総力を上げてレポートします。

 このほか,寄稿で「明治期に残された果物図版」「クスノキからのSOS物質の発散」「豆苗の重力屈性実験」など,本号は全冊“植物”情報が満載。保存版としてもご活用いただきたい1冊です。