『生物の科学 遺伝』2021年7月発行号 試読用動画

ページの再読み込みをするとページめくりが始まります。

本号特集は「海棲哺乳類の行動学―フィールドワークの現場から」です。クジラやイルカ,ラッコやアザラシ,ジュゴンやマナティーなど,哺乳類でありながら水中という特異な環境の中で暮らす動物たち,海棲哺乳類。神秘に包まれた彼らの海の中での暮らしの不思議を,日本の若手研究者たちが日本&世界のフィールドワークの現場から得た情報を基に紹介・解説します。巻頭グラビアはI「海棲哺乳類と出会える海」/II「海棲哺乳類の海での暮らしを調べる方法」,現場ならではの迫力と生命力に満ちたダイナミックな写真をぜひ本誌にてご覧ください。

*海棲哺乳類研究に興味関心のある方は,ストランディング調査を取り上げた『生物の科学 遺伝』バックナンバー「クジラとイルカの死体に学ぶこと」(Vol.73-no.5(2019年9月号))また「バイオロギングサイエンス」(Vol.64-no.3(2010年5月号))オススメです。