緊急企画:「ヒアリ」号を三省堂書店神保町本店で展開

2017年6月18日に神戸港において日本で初めて発見された外来昆虫「ヒアリ」について,『生物の科学 遺伝』では直近の関連号2017年1月発行号特集I「外来生物の駆除への取り組み」をお届けすることにしました。23日(金)より,東京・神田の三省堂書店神保町本店5Fエスカレーター前の理工雑誌棚に展示していただきました。この号は,「ヒアリ」の被害について直接触れているわけではありませんが,なぜ国の機関も含めてこれほど大騒ぎになっているのか,このまま放置して拡散したらどうなるのか,について,これまでの駆除例であるアルゼンチンアリ,ミバエ,マングース,オオクチバスへの取り組みを紹介しています。

 

28日(水)には,「ヒアリ」の被害そのものを掲載したバックナンバー2009年5月号特集II「外来昆虫類の脅威」も店頭に置いていただける予定です。ご期待ください。