兵庫「ひとはく」のヒアリ展脇に『生物の科学 遺伝』関連号とポスターを展示

兵庫県立人と自然の博物館(ひとはく)では,7/1

から緊急速報展「ヒアリとアカカミアリ」が開かれています。『生物の科学 遺伝』では,2009年5月号の特集「外来昆虫の脅威」と2017年1月号特集「外来生物の駆除への取り組み」をヒアリ関連号として情報提供していますが,同館の三橋弘宗研究員のご協力を得て7/19から同展脇のスペースでポスター展示をしていただくことになりました。同展には,ヒアリの標本の展示を含めて,日本で最も信頼できる情報が集まっています。関西地域の方は夏休み期間を利用してぜひ同館を訪れ,ヒアリに対する正確な知識を得たうえで冷静な対応をお願いいたします。http://www.hitohaku.jp/exhibition/planning/solenopsis.html 同館へは,大阪,神戸(三宮)から電車やバスで約50分です。本ブログの写真は,兵庫県三田市在住のK氏に撮影のご協力をいただきました。