2018年3月発行号 特集I 腸の世界II─腸内マイクロビオータと疾病

特集I

●腸内マイクロビオータの形成と影響する因子
──より良い腸内細菌叢の形成はコントロールできるのか

●腸内マイクロビオータと炎症性腸疾患(IBD)
──DNA解析技術による原因菌の探索進む

●腸内細菌と2型糖尿病
──プロバイオティクス飲料の継続投与で病態改善の可能性

●腸内マイクロビオータと肝疾患
──腸内細菌と“Leaky Gut”による肝臓病のメカニズム

●自閉症スペクトラム障害
──腸内マイクロビオータから腸メタボロームへ

総論

腸内マイクロビオータの形成と影響する因子

─より良い腸内細菌叢の形成はコントロールできるのか

大﨑 敬子・神谷 茂(杏林大学)

I-1

腸内マイクロビオータと炎症性腸疾患(IBD

──DNA解析技術による原因菌の探索進む

大草 敏史(順天堂大学)

I-2

腸内細菌と2型糖尿病──プロバイオティクス飲料の継続投与で病態改善の可能性

佐藤 淳子(順天堂大学)

 

I-3

腸内マイクロビオータと肝疾患

──腸内細菌と“Leaky Gut”による肝臓病のメカニズム

中島 淳(横浜市立大学)

 

I-4

自閉症スペクトラム障害

──腸内マイクロビオータから腸メタボロームへ

渡邉 邦友(木沢記念病院)