『生物の科学 遺伝』2022年5月発行号 試読用動画

ページの再読み込みをするとページめくりが始まります。

本号特集コケ植物が語る過去・現在・未来」です。非常に小さく見過ごされがちな,しかし実は約5億年から原始の植物の性質を留めつつ繁栄を続けている,さらに指標生物として生態系の中でも重要な位置を占めているコケ植物。本号では,最前線で活躍する研究者たちが進化や共生関係等の最新研究を紹介しながら,その存在と地球環境との関わりについて概観します。

巻頭グラビア8頁は「日本の貴重なコケの森」,世界有数のコケ大国・日本の中でも特に貴重で美しいコケの名所を,日本蘚苔類学会に紹介いただきました。ぜひ本誌にてご覧ください。

 

*植物に興味のある方は『生物の科学 遺伝』バックナンバー特集「イチョウの世界/植物の生き残り戦略」(Vol.74-no.5(2020年9月号)「キノコと地球」(Vol.72-no.5(2018年9月号)),「植物ホルモンをめぐる最近の話題」(Vol.70-no.5(2016年9月号)),「光合成を捨てた植物の新戦略」(Vol.70-no.4(2016年7月号))「サクラ研究の新展開」(Vol.73-no.2(2019年3月号))さらに特集「理研バイオリソース研究センター20年周年の歩み」(Vol.75-no.6(2021年11月号)「進化の制約と方向性」(Vol.76-no.1(2022年1月号))などオススメです。